仮想で仮装

午後から、我がスタジオにて9月14日にネット上で行われるライブイベントの打合せ&サウンドチェック。
すっかり告知が遅れてしまったが、9月14日21:00からネット上の仮想世界「セカンドライフ」上でライブをやるのだ。
ライブ会場は、なんと我がアジト「studio mode key」である。
ある程度のパソコン熟練度と、ある程度のスペック(Macで言えば最低でもG4・1GHz以上。WINDOWSについては不明)が必要なため、誰でも楽しめる!とは正直言えないが、それでも聴きたい!という方はチャレンジを!
詳しくはこちらへ→ http://www.sorasora.com/sl.html

あ、あくまでも仮想空間でのライブのため、実際の映像は一切ありません。
僕もアバターでの登場となります。
出演:坂本サトル、イズミカワソラ、別所ユージ、石野田奈津代。
どうなることやら全く予想つかず。

最終夜

 デビュー15周年記念ウィークリープレミアムライブ「代官山での3週間」最終夜。
 梅雨が明け、夏らしいと言えばあまりに夏らしい空と気温。暑い。

 追加席に加え、立ち見席まで完売。
 1000人キャパの会場に半分しか入らなくても動員500名。一方今回の会場では、追加席分を入れても100名ちょっと。しかしパンパン。数で言えば断然500名だがライブに臨むテンションとしては比べるまでもなく今日の方が高い。
 満員万歳!
 
 今日のライブの趣旨をあらためて説明する。
 JIGGER'S SON、坂本サトル名義で僕がこれまでに世に発表した曲は全部で138曲。
 それらの中から皆さんに5曲を選んでもらってメールで投票してもらった。
 応募総数203通。予想よりも少なかったのは「迷いすぎて送ることが出来なかった」人がたくさんいたからだと解釈しておくことにする。
 とにかくその203通を集計し、上位14曲をセレクト。ライブでは14位から1位に向けて発表しつつ歌う、というものだ。(当初、ベスト15曲の予定だったが変更)
 ザ・ベストテン形式、と言えばわかりやすいか。(意味が分からない人はお父さんに聞いてみよう)

 203人から投票してもらったにもかかわらず1位が42票だったことや、「同点タイ」が非常に多かったことからも、いかにこの集計がバラけていたかが分かってもらえると思う。
 結果は予想通りの部分もあり、「へー、みんなこの曲好きなのねえ」と意外な部分もあり。
 個人的には「明日の色」「花のとなりで」あたりが意外なランクインであった。
 
 1票も得票できなかった曲もたくさんあって、あえてその中から1曲選んで歌ってみたり、4月のバースデイライブでお披露目となった「君とうたう歌」を「今週のスポットライト」として歌ってみたり。
 楽しかったなあ。
 発送が遅れておりますが、次回「GARDEN DISC」の中でライブ音源をたくさん聞いてもらおうと思っているのでお楽しみに。

 
 今回の企画は考えていた以上に楽しかったし、喜んでもらえたし、曲作りの自分の傾向などがわかったり…ととても有意義なものだった。ちょっとクセになりそうです。
 次回開催時はぜひ御参加を。


【本日のメニュー】
代官山での3週間~第3夜@晴れたら空に豆まいて
「REQUEST night」(カッコ内は得票数)

★第1部
M-01. 12位 明日の色(18票)
M-02. 12位 君が降らせた雨(18票)
M-03. 12位 何もしてあげない(18票)
M-04. 09位 好きになりたい(19票)
M-05. 09位 迎えに行くよ(19票)
M-06. 09位 最後に咲く花(19票)
M-07. 番外 寝つけない夜(0票)
M-08. 07位 かけがえのない朝(21票)

★第2部
M-09. 07位 花のとなりで(21票)
M-10. 06位 また明日(23票)
M-11. 04位 アイニーヂュー(25票)
M-12. 04位 告白(25票)
M-13. 番外 君とうたう歌(15票)
M-14. 03位 プライド(27票)
M-15. 02位 大丈夫(32票)
M-16. 01位 天使達の歌(42票)


【参考資料】
★17票(次点)
・お宝 ・月 ・紫の花 ・忘れないで ・愛の言葉 ・Hands Storyのテーマ

★16票
・缶ビール ・夜空に咲いた花

★15票
・4つの約束 ・僕はどこへ行く ・サヨナラ

~途中省略~

★1票
・17才 ・貨物列車 ・ココア ・雪 ・美人 ・寝顔 ・少年に大志を故郷に錦を
・朝靄のマーチ ・スイッチ ・バイバイ ・素敵な呪文 ・海へ行った ・神様にビールを
・喧嘩しちゃいけません ・コーヒーカップは空っぽ ・こりない僕ら ・ランナーズハイ
・別れの時 ・眠りたい ・にぎやかな人々 ・木蘭の涙

★0票
・オンボロのライフ ・君の詩 ・迷える子羊 ・半分残そう ・さようなら 
・14才 ・喧嘩して別れよう ・寝付けない夜 ・花 ・どうすればいいの・やっぱり僕だけ
・春 ・希望 ・Q日の雷 ・天国に1番近い部屋 ・女神 ・まだまだあるだろ ・弟
・たからもん ・流れ星 ・たかがそんなこと ・キリフダ ・フェイ ・ようこその歌

第2夜

「代官山での3週間」第2夜。
 3公演の中で唯一チケットが残っていた今日の公演であったが、ギリギリで無事売り切れた。
 「売り切れ」。
 何度聞いても気分がいい響きだ。テンションも上がる。

 新メンバーとリハーサルをしたり北海道に行ったりボニーピンクにうなされたり日焼けしたりしていると、1週間はあっと言う間だ。
 しかも当然のことながら先週とは全曲が入れ替えである。選曲、カンペ作り、練習等、準備は短期間、高濃度で行われる。
 そうやって迎えた2日目。JIGGER'S SON後期の作品からの選曲だ。

 それにしてもこの企画にこの会場はピタリとハマった。
 この会場だからこそ作り出せたあの雰囲気なのだ。
 派手めの曲が多かったことと、寄せられたメールが爆笑ものだったこともあって、先週よりさらに盛り上がる会場。
 このスタイルでのライブ、ちょっとクセになりそうです。


 さあ、いよいよ来週は最終夜。僕としては大いなる期待と若干の不安の入り交じるリクエストナイトである。
 今日で締め切られたリクエスト。これから集計に入るわけだが、チラッとのぞいた感想を一言。
 「マニアック過ぎる…」
 ベストアルバム的選曲でお送りすることになるだろう、という僕の予想ははかなくも散りそうである。

 投票によって選曲も曲順も決まる、という初の試み、代官山での3週間第3夜「リクエストナイト」。
 チケット完売告知後もひっきりなしに寄せられる問い合わせに応えるべく、追加席販売の検討中である。立ち見席になってしまうかもしれないが何とかしようと思っている。「やっぱり行きたい!」とお考えのあなた。メルマガ、掲示板をお見逃しなく。


【本日のメニュー】
代官山での3週間~第2夜@晴れたら空に豆まいて
「JIGGER'S SON NIGHT vol.2」

★第1部
M-01. 告白
M-02. バイバイ
M-03. ふらんす
M-04. 最後のキス
M-05. 好きになりたい
M-06. Film
M-07. 流星
M-08. 世界の終わり

★第2部
M-09. 春
M-10. ラジオ
M-11. クロ
M-12. 紫の花
M-13. 歓びの歌
M-14. 素敵な日々
M-15. バランス
M-16. 忘れないで

画像

(写真提供:山内一郎氏)

第1夜

 坂本サトルデビュー15周年記念プレミアムライブ「代官山での3週間」初日。

 JIGGER'S SON時代の曲のみでのライブ、というのは考えていた以上に意味のあることであった。
 今日のメニューはJIGGER'S SON初期の楽曲からセレクト、ということだったわけだが、当時は音楽的知識や経験が浅い部分を本能や歌詞のパワーでカバーしつつやっていたのだということがよくわかった。
 コード進行が似通っている曲が多いのだが、所々に「そう来るか!?」的な意外さが散りばめられていて気が抜けないのだ。(それで今日はよく間違えたのです)(言い訳すんなよ)(すいません)
 こりゃあいろんな意味で当時のプロデューサーは大変だっただろうなあ。

 想像以上の収穫。
 試しにやってみた「JIGGER'S SONワゴンセール」も予想を遥かに超える盛り上がりであった。いくつかの商品は完売。来週で全部なくなっちゃうかも。
 何でもやってみるもんだなあ。
 久々のサイン会もなんだか良かった。(このライブについては毎回サイン会やりますので)

 そうそう、コメントをくれた今井千尋くんへ。
 ショートエッセイ的なコメントの完成度の高さのお陰で、ライブがグッとしまりました。ありがとう!


 ところで。
 会場となった「晴れたら空に豆まいて」はいかがだっただろうか?
 実は僕はこの会場が相当気に入っている。ステージからの眺めも音もスタッフも素晴らしい。(ちなみになんとステージスタッフの2人とも青森出身という奇遇さ!)
 これからも何か変わった事をやる時はここ、というような実験の場にしていきたいと思っている。
 ひとつ御贔屓に。

 まずは第1夜。
 出足は上々といったところでしょうか。
 第2夜のチケット、あと10枚ちょっと残ってます。来てね。


 一息つく間もなく明日から夏のイベントに向けたバンドリハが始まる。新ドラマーのチェリーさんとの初顔合わせである。ちょっと緊張するね。
 ということで打ち上げなし。
 今、自宅リビングにて1人で久々の缶ビールとソーセージで1人打ち上げしつつこれを書いとります。
 久々のビール。
 きくなー。


【本日のメニュー】
坂本サトルデビュー15周年記念プレミアムウィークリーライブ
「代官山での3週間~第1夜」@晴れたら空に豆まいて

★第1部
M-01. お宝
M-02. 月
M-03. 君が降らせた雨
M-04. 顔を上げて
M-05. ぶどう
M-06. 雨の音を聴いている
M-07. さようなら
M-08. 流れ星が見える丘

★第2部
M-09. ヒグラシ
M-10. 何もしてあげない
M-11. 大丈夫
M-12. 半分残そう2007
M-13. 街で会おうよ
M-14. 迷える子羊
M-15. 缶ビール
M-16. また明日

セットリスト

 無事、盛況のうちにライブは終了しました。
 お祝いに駆けつけてくれたアーティストのみなさん、バンドメンバー、スタッフ、そして会場に来てくれたみなさんに感謝します。
 ありがとうございました!

 これからの坂本サトルにご期待下さいませ。
 それではまたどこかで。

 坂本サトル



坂本サトル生誕40周年記念ライブ「Happy Birthday 俺。」
@SHIBUYA O-East

【オープニング】
M-00. オープニングムービー上映
(坂本サトルのこれまで&お祝いビデオメッセージ)
 ※お祝いメッセージ(敬称略)
01#佐藤竹善
02#EPO
03#鈴井貴之
04#KAN
05#ポカスカジャン
06#押尾コータロー
07#松本英子
08#スターダストレビュー
09#小田和正
10#坂本サトル

~SE~サトルケーキとともに登場~ロウソク吹き消し~ケーキ入刀
M-01. Happy Birthday 俺(サトル弾き語り)

【第1部:デュエットセクション】
M-02. 告白(with 加藤いづみ Vo)
M-03. 缶ビール(with 今井千尋 Bass & Vo)
M-04. それが愛だと(with 谷口崇 Guitar & Cho)
M-05. 天使達の歌(with 山寺宏一 Vo)
M-06. オートバイに乗って(with 坂本昌人 Bass & Vo)

【第2部:古川昌義 VS 坂本サトル】
M-07. 僕はどこへ行く
M-08. OK
M-09. 1日の終わりに
M-10. 最後に咲いた花

~休憩~

【第3部:浅森坂(浅田信一、森山公一、坂本サトル】(サブステージ使用)
M-11. 浅森坂のテーマ
M-12. 虫とり
M-13. 浅森坂という坂がある
M-14. 月が誘った
M-15. 浅森坂のテーマ

【第4部:坂本サトル with his band】
M-16. Jolly
M-17. 涙のしずく(新曲)
M-18. Historia(瀬木貴将 Zampona)
M-19. 別れの時(石嶺聡子 ゲストVo)
M-20. コーヒーカップは空っぽ(全員参加)
M-21. これがロック(浅森坂参加)
M-22. アイニーヂュー
M-23. 赤い月(林孝之参加)
M-24. 天使達の歌
M-25. 君とうたう歌(新曲。全員参加)
~出演者送り出し~サトル1人あいさつ…の途中で

【サプライズ】(本人は全く知りませんでした…)
~ケーキ登場~出演者&スタッフからのプレゼント贈呈
~両親からの手紙朗読~両親登場!~母、良子あいさつ~父、登あいさつ
M-26. Happy Birthday(出演者全員&サトル両親)
M-27. 君が降らせた雨(サトル弾き語り)


 写真はサプライズ用にみんなが用意してくれたケーキ。(いづみちゃん提供。ありがとう!)
 打ち上げでみんなでいただきました。
 ありがとうございました!

画像

重要なお知らせ2つ。

 おっす!
 このブログ、ほとんど業務連絡の場と化しておりますがいいじゃないか!俺のブログなんだから!(逆ギレっつうか1人ギレ)

 というわけで大切なお知らせを2つ。

 【その1】
 4月3日のチケット、残数20枚を切りました。
 …間もなく売り切れそうです。
 まじかよ!

 24日、次の会場で残りわずかとなったチケットを特別販売します。各会場とも10枚ずつぐらいかなあ。

★会場1「三軒茶屋グレープフルーツムーン」
…元サムエル今井が始めたユニット、ranaiが初ライブ。石嶺聡子ちゃんがゲスト!

★会場2「新宿ロフト」
…浅田信一君がライブ。サポートは光君と松崎君。

 ということで、4月3日の出演者が2箇所に別れてライブやってるわけです。
 両方に行きたいのは山々ですが、どちらかの会場にチケット販売員坂本サトル、参上します。前売りチケットが購入できる最後のチャンスかも。チケットがまだの方はぜひご利用を! 

 そんなわけで、気がつけば売り切れ間近となっていたバースデイライブ。現在、立ち見当日券を出せるよう調整中ですが、長時間ライブに備えてびっちりと椅子を用意してしまったことでスペースの確保に難儀しております。当日券についての詳細は3月27日頃に判明いたします。
 特設サイトからはまだチケット購入可能です。急げー!!


【その2】
 その特設サイトの中の唯一の工事中物件でありました「goods」。間もなく開店しますが、暫定ページとしてこちら、立ち上げました。まずはご覧あれ。
http://homepage.mac.com/sakamoto.satoru/branch/PhotoAlbum20.html
※画像クリックで拡大します。スライドショーもできるよー。

 春物、一挙に勢揃いっつう感じですな。
 サイズの方は身長178センチの僕がMサイズです。ご参考までに。

 あ、4月3日のライブまでに発送できるかどうかは微妙です。
 当日の帰りの荷物を減らしたい方、残念ながらライブに参加できない!という方、ぜひご利用下さいませ。

 それでも当日、ついついいっぱい買い込んじゃった…というあなたのためにトートバッグも作りました。会場限定販売ですが、売れ残ったら通販で売ります。(きっぱり)

 さらに数量、超限定の美術品的お宝グッズも制作中。これ、今年きますよ。多分。
 その美術品。製作途中の写真、近日中にアップします。これはすごいです。俺も買う!


 というわけで大切なお知らせ2つ、でした。
 ほんとにライブの準備しかしてないわ、ここ最近。
 多くのアーティストの方々にお祝いビデオコメントなんつうものを送っていただいているのですが、これがもうすごいのなんのって。 
 ライブのオープニング。このお祝いメッセージを見終わった時点ですでにチケット代の半分は元を取ったと思ってもらえるのではないかと。 それもちょっと寂しいか。
 何から何までスペシャルライブ。
 この日が終わったら私は一体どうなってしまうのか?

 それではまた!